レビスマ(レビトラジェネリック)の効果的な飲み方

レビスマはレビトラのジェネリック薬になりますので、その飲み方はレビトラと同様になります。

即効性があり、使いやすいお薬として有名なレビトラジェネリックではありますが、その飲み方をしっかりと把握した方がより効果的に使用ができるので、覚えておきましょう。

レビスマの効果的な服用タイミングとは?

レビスマ(レビトラジェネリック)の服用タイミングですが、即効性が売りなのがレビスマです。
バイアグラなど他のED治療薬と比較して飲んですぐに効果が出る薬として有名です。

個人差はありますが、服用後30分前後で効果が出始めます。

早い人だと15分くらいで効果が出始める人もいます。

飲み方は1回1錠を水またはぬるま湯で服用します。

バイアグラが服用後、1時間後に効果出始め、シアリスは1時間~3時間後に効果が出始めるのと比較しても、レビスマは15分~30分突発的で急な性行為の機会にも有効なお薬として使用できますね。

レビスマの効果的な内容量とは?

レビトラの成分はバルデナフィルで10mgと20mgの取扱いがあります。

成分量に比例して効果の強さや長さが変わってきます。

ED治療薬はやはり強さが重要なので、圧倒的に20mgが売れていて10mgの需要はあまりないようです。

レビスマ(レビトラジェネリック)はその事から20mgの販売になっています。

大は小を兼ねる、のように20mgをピルカッターなどで割って服用すれば10mgになるので20mgの需要が圧倒的な理由かもしれませんね。

10mgと20mgでは値段もそんなに変わらないのも20mgが人気の理由ですね。

副作用が不安な方は20mgを半分に割って試す、という方法が良いかもしれませんね。

そしてレビスマやED治療薬全般に言える事ですが、内容量に関わらず服用する回数は一日一回一錠と決まりがあります。

二錠以上飲んでしまうと副作用で最悪は命に関わる危険性がありますので、必ず守るようにしましょう。
過去に大量服用でそういった事故死があったのは有名な話です。

一錠飲んだら必ず24時間空けてから次の一錠を服用しましょう。

レビスマの食事の影響とは?

レビスマ(レビトラジェネリック)はバイアグラの次に開発されたお薬です。
世界で最初の元祖ED治療薬のバイアグラですが、食事の影響を受けてしまう、空腹時でないと全く効果が出ない場合がある、という欠点がありました。

やはり性行為は夜、ディナーの後に、というのが一般的ですから、食事の影響を受けないED治療薬が欲しいという声が多かったようです。

その欠点を補う改良薬として開発されたのがレビトラなのです。

レビスマは食事の影響を全く受けない、というわけではないですが、
バイアグラと比較するとかなり食事の影響を受けないように開発されています。
メーカーの公式発表では700キロカロリーまでなら影響を受けづらいとされています。

そのうち食事の脂質が30%未満であれば問題ないと言う事です。

しかし素人ではなかなか計算も難しいでしょうし、油分が少なめなあっさりとした食事を取るようにそして満腹にならないように気を付ければ良いかもしれませんね。

レビスマも空腹時に服用するのに越した事はないですが、このように少し気を付ければ問題なさそうです。

食前の空腹時にレビスマを服用して、吸収させてから食事を取るのが最も間違いがない方法ではあります。
レビスマを吸収するのには30分~45分くらいあれば吸収されます。
その後5時間~8時間は効果が持続するので、それまでに性行為を始めれば良いのです。
効果の持続は長めですが、レビスマの血中濃度は服用後の約45分後にピークに達し、それから緩やかに効果が弱くなるので、
この場合、できれば食後の性行為は早めが良いのは間違いないですね。

性行為までの時間の計算ができない、という場合で、たくさん食事を摂ってしまった、という場合でも、 だいたい食事が消化されえるのは食後2時間くらいなので、そこでレビスマを服用すれば良いかもしれません。
その分、性行為の時間を遅らせないといけませんね。

レビスマのアルコールの影響とは?

レビスマを始め、ED治療薬全般に言える事ですが、お酒の影響は直接的には受けないものとなっています。
しかしこれはあくまで適度なアルコール量の場合です。

飲み過ぎて泥酔いしてしまえば、何も機能せず勃起以前の問題になります。

酔っぱらいすぎると感覚が鈍ってしまい、性的刺激を受け無くなってしまいます。

ED治療薬は精力剤などではありません、性的刺激を受ける事で勃起を助長させるという勃起補助剤として強力なお薬なのです。

デートでお酒を飲んで雰囲気を作ってから行為に移る場合などは注意しましょう。

適度なアルコールであれば、問題なくレビスマの効果は発揮されます。

むしろ適度であれば血流が良くなり、より勃起しやすくなるという声もあるくらいです。
少し酔っぱらった、くらいが丁度良いかと思われます。

ちなみにレビスマはグレープフルーツとは相性が悪く副作用が出やすくなってしまうというデータが出ています。
なのでグレープフルーツを使用したお酒やカクテル類は避けた方が良いとされています。

レビスマと相性の悪い飲食物

グレープフルーツは副作用が出やすいので控えた方が良い、それ以外にはやはり脂質が高い食べ物は避けた方が良いです。

油分の多い肉類や揚げ物に注意するのはもちろんですが、
乳製品にも注意が必要です。

乳製品は脂質が高いので、消化器官に膜をつくる事になります。

お酒を飲む前に牛乳を飲むと酔いづらくなる、なんて事を聞いた事があるかもしれませんが、そういう事ですね。

チーズやミルクティー、アイスクリームなどもそれに該当します。

お酒でもミルク系のリキュールやタピオカミルクティーなどが流行っていますが、その後、ED治療薬を服用するのであれば避けた方が無難かもしれません。

レビスマの効果的な飲み方

レビスマはバイアグラほどに縛りがあるお薬ではなく、使い勝手は良いお薬ではありますが、今回ご紹介した事を踏まえればより効果的にED治療薬としての効果が得られますので、把握した上で服用の際は意識するだけで、より満足のいくナイトライフが過ごせるとおもいます。

飲食、そして飲む量とタイミングを気をつけて服用しましょう。

タイトルとURLをコピーしました